本文へ移動

堀米雄斗「地元江東区で生まれ育ってずっとスケボーだけしてきて…」 初の五輪王者に喜び【東京五輪スケートボード】

2021年7月25日 13時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
金メダルを掲げる堀米雄斗(AP)

金メダルを掲げる堀米雄斗(AP)

  • 金メダルを掲げる堀米雄斗(AP)
  • 堀米雄斗(AP)
◇25日 東京五輪 スケートボード 男子ストリート 決勝(有明アーバンスポーツパーク)
 初の五輪王者に輝いた堀米雄斗(22)=XFLAG=は試合後のインタビューで「本当にシンプルなんですけどすごいうれしいです。地元江東区で生まれ育ってずっとスケボーだけしてきて」とさわやかな笑顔で喜びを語った。
 堀米は、決勝のランでは、2・22点差の4位とメダル圏外だったが、続くビッグトリックで高得点を次々に出し、逆転で頂点をつかんだ。「心の中では焦ってたんですけど、諦めてなくて。ちゃんと切り替えられたのがうれしかったです」と振り返った。
 開催が危ぶまれた今大会。地元出身だけに「今日ここ、オリンピックという舞台に立ててうれしいです」と感謝の言葉をつむいだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ