本文へ移動

初採用スケートボード 堀米雄斗が金メダル!3回目から高得点そろえ日本が男子ストリート初代王者に【東京五輪】

2021年7月25日 13時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子ストリート決勝、高得点にガッツポーズの堀米(AP)

男子ストリート決勝、高得点にガッツポーズの堀米(AP)

  • 男子ストリート決勝、高得点にガッツポーズの堀米(AP)
  • ストリート決勝、金メダルの堀米(AP)
◇25日 東京五輪 スケートボード 男子ストリート 決勝(有明アーバンスポーツパーク)
 世界ランキング2位の堀米雄斗(22)=XFLAG=が予選6位から躍進、40点満点中37・18点で、金メダルを獲得し、地元・東京で五輪初代王者に輝いた。
 堀米は、各45秒間を2回滑る「ラン」で2・22点差の4位に。逆転を目指し、1カ所を選び大技を5回繰り出す「ベストトリック」では、得意とする板の前を弾いて宙に舞う「ノーリー」を中心に難易度の高い技を狙った。
 3回目に9.35をマークし一気に暫定2位に。4回目に9・50、5回目に9・30と高得点をそろえ、頂点を奪った。
 堀米は2018年に、世界最高峰のストリートリーグで日本人初の優勝を果たした第一人者。世界ランキング2位で、今年6月の世界選手権では同1位のナイジャ・ヒューストン(米国)を破って初優勝しており、金メダルの有力候補として五輪に臨んだ。
 スケートボードは、今大会で追加種目となった新競技。ストリートはその名の通り、手すりや階段など街中を模したコースを舞台としており、ジャンプや回転などの「トリック」をする。各45秒間を2回滑る「ラン」と、1カ所を選び大技を5回繰り出す「ベストトリック」の2方式で40点満点で競う。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ