本文へ移動

日本、英国の両チームが人種差別に抗議する片膝突きアクション【東京五輪サッカー女子】

2021年7月24日 22時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―英国 前半、英国の攻撃からゴールを守る熊谷(中央左)ら守備陣

日本―英国 前半、英国の攻撃からゴールを守る熊谷(中央左)ら守備陣

◇24日 東京五輪 サッカー女子1次リーグ  日本0ー1英国(札幌ドーム)
 サッカー女子の日本(なでしこジャパン)と英国の試合前、両チームの選手たちがピッチに片膝を突き、人種差別に抗議する意思を示した。日本の主将・熊谷紗希(バイエルン・ミュンヘン)は「(英国が)第1戦でもアクションしていたことは知っていた。イギリスのチームメートにもやると言われていた。私たちも人種差別について考えるきっかけになったこと、イギリスの選手たちのアクションに対するリスペクトという意味で私たちもやろうと、チーム全員で話し合って決めた」と説明した。
 日本は無得点で敗れ、1分け1敗の勝ち点1で3位に後退。27日の1次リーグ最終第3戦でチリと対戦する。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ