本文へ移動

日本3連勝!山本&藤田の2発5点を後藤の好リリーフで守り切る【東京五輪ソフトボール】

2021年7月24日 21時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリア―日本 4回表1死一塁、先制2ランを放ち、ナインに祝福される山本(右端)

イタリア―日本 4回表1死一塁、先制2ランを放ち、ナインに祝福される山本(右端)

◇24日 東京五輪 ソフトボール1次リーグ 日本5―0イタリア(横浜スタジアム)
 日本が長打攻勢で挙げた5点を20歳の左腕の好救援で守り切り、初戦から3連勝を果たした。
 3戦目のイタリア戦は、4回1死一塁から4番・山本優内野手(32)=ビックカメラ高崎=がイタリアの先発・ラカテナから右越えに先制2ラン。6回には1死一、三塁から藤田倭(やまと)選手(30)=ビックカメラ高崎=から3試合連発となる3ランが飛び出し、リードを5点に広げた。
 守っては、藤田を3回無死二塁からリリーフした後藤希友(みう)投手(20)=トヨタ自動車=が5イニングを1安打無失点。後藤の3試合連続の好リリーフで完封リレーを飾った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ