本文へ移動

なでしこ1次L突破に黄信号…英国に敗れ1分け1敗に【東京五輪・女子サッカー】

2021年7月24日 21時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―英国 後半、途中出場し、攻め込む岩渕(中)

日本―英国 後半、途中出場し、攻め込む岩渕(中)

◇24日 東京五輪 サッカー女子1次リーグ  日本0-1英国(札幌ドーム)
 サッカー女子の日本(なでしこジャパン)は24日、北海道・札幌ドームで英国と1次リーグの第2戦を戦い、0-1で敗れた。後半29分、相手エースFWのホワイトにヘッドで決勝点を奪われた。1分け1敗の勝ち点1でグループ3位となった日本は1次リーグ突破をかけ、27日の最終第3戦でチリと対戦する。
 日本はカナダとの初戦から先発メンバーを5人入れ替え、2戦目に臨んだ。立ち上がりは英国に押し込まれたが、次第にリズムをつかみ、前半32分にはカウンターから好機。右サイドアタッカーの塩越が持ち上がり、その塩越のラストパスから田中が右足で狙った。しかし、ボールは惜しくも枠の左にそれた。
 後半は英国に主導権を握られた。熊谷主将を中心とする粘り強い守備で何とかしのいできたが、残り時間が15分にさしかかろうとしたタイミングで右クロスからゴールを割られてしまった。
 その後はベンチスタートだったエースの岩渕を後半35分から投入したものの、流れが変わることはなかった。90分を通してビッグチャンスはほぼなし。2大会ぶりのメダル獲得を目指す中、1次リーグ突破に黄信号がともった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ