本文へ移動

高藤直寿の金で夏季五輪日本勢143個目 柔道では男女通算40個目【東京五輪】

2021年7月24日 20時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子60キロ級決勝 台湾の楊勇緯を破り、金メダルを獲得した高藤直寿

男子60キロ級決勝 台湾の楊勇緯を破り、金メダルを獲得した高藤直寿

◇24日 東京五輪 柔道男子60キロ級(日本武道館)
 柔道の男子60キロ級を制した高藤直寿(28)=パーク24=は日本勢143個目の夏季五輪での金メダルとなった。柔道では男女合わせて通算40個目。
 日本勢の金メダル第1号は1928年のアムステルダム五輪陸上男子三段跳びの織田幹雄。前回のリオデジャネイロ五輪では12個の金メダルを挙げた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ