本文へ移動

「余裕こきすぎじゃね?」瀬戸大也まさかの予選敗退にネット大荒れ 「油断以外の何物でもないな」【東京五輪・競泳】

2021年7月24日 19時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子400メートル個人メドレー予選を終えた瀬戸大也。予選敗退となった

男子400メートル個人メドレー予選を終えた瀬戸大也。予選敗退となった

◇24日 東京五輪競泳男子400メートル個人メドレー(東京アクアティクスセンター)
 ”体操のキング”内村の予選落ちに続く波乱だ。金メダル候補の瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=が予選敗退した。開幕直前には「99%以上」と自信をみなぎらせていたものの、最後の自由形の50メートルで伸びを欠き、4分10秒52で全体9位だった。
 瀬戸はレース後、「リオ(五輪)で予選、結構いってしまって決勝に上がれなかったことがあったので、そういう経験も踏まえて」と戦略を説明し、「かなり泳ぎは良かったので、後半上げてくる子が多かった中で、焦らずっていう感じで、明日しっかり上がるように泳げばいいやと泳いだんですけど、読みというかう~ん…」と想定外の結果に首をひねった。
 瀬戸自身も示唆しているように、「油断」の二文字を否定できない内容と結果を受け、ネット上は大荒れ。「余裕こきすぎじゃね?」「フリーで流しすぎたか」「ぶっちぎりでトップに居たんだが最後でやられたな」「油断以外の何物でもないな」「明日に余力を残す作戦でミスったか」と最後を流したことが招いた結果とみる意見が相次いだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ