本文へ移動

渡名喜風南が日本勢メダル1号の銀 04年の谷亮子以来の女子48キロ級金メダルはならず【東京五輪・柔道】

2021年7月24日 19時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子48キロ級決勝 コソボのディストリア・クラスニチに敗れ、厳しい表情で引き揚げる渡名喜風南

女子48キロ級決勝 コソボのディストリア・クラスニチに敗れ、厳しい表情で引き揚げる渡名喜風南

◇24日 東京五輪 柔道女子48キロ級決勝(日本武道館)
 渡名喜風南(25)=パーク24=は決勝でディストリア・クラスニチ(コソボ)に敗れて銀メダル。残り約20秒で痛恨の内股を浴び、技ありを奪われた。渡名喜は日本勢の金メダル1号は逃したものの、今大会での日本の最初のメダリストとなった。このメダルは夏冬合わせて五輪での日本勢の通算500個目のメダルとなった。
 畳を下りると、涙があふれ出た。悲願の金メダルまであと一歩。「自分の弱さが出た試合だったと思います。最近ずっと決勝で勝ててなかったので、そこでの怖さを感じながらの戦いだった。(今後は)しっかり、この負けを認めていきたい」。目を押さえながら、必死に声を絞り出した。
 渡名喜は初戦の3回戦でエバ・チェルノビツキ(ハンガリー)に合わせ技で一本勝ち。準々決勝ではリオデジャネイロ大会金メダルのパウラ・パレト(アルゼンチン)を腕ひしぎ逆十字で一本勝ち。準決勝は世界選手権で過去に2度敗れたダリア・ビロディド(ウクライナ)を延長戦の末、横四方固めで一本勝ちして、決勝に進出していた。
 女子48キロ級は、正式種目となった1992年バルセロナ五輪から前回2016年リオデジャネイロ五輪までの7大会のうち6大会でメダルを獲得。2000年シドニー五輪と04年アテネ五輪で谷亮子(シドニー五輪は田村姓)が金メダルを獲得したが、渡名喜はその時以来の金メダル獲得はならなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ