本文へ移動

本紙競馬面『ぱかぱか日和』で執筆中の小説家・本城雅人氏が野球3作品の電子書籍を期間限定で無料配信

2020年4月24日 10時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
本城氏が無料配信を決めた3冊

本城氏が無料配信を決めた3冊

 本紙競馬面にコラム『ぱかぱか日和』(毎週月曜日掲載)を執筆している作家・本城雅人氏が、球場でもテレビでも野球を見られない現状を憂慮し「せめて小説で野球を楽しんでもらいたい」と、自署の野球小説3冊を電子書籍で無料配信することを決めた。対象となる作品は「球界消滅」「トリダシ」(文芸春秋刊)、「スカウトデイズ」(講談社刊)で、配信期間は4月24日(金)~5月14日(木)の3週間。配信先は全電子書籍(Kindle、AppleBooks、楽天koboなど)。
 スポーツ紙でプロ野球や競馬記者として活躍してきた本城氏は退職して2009年に作家デビュー。同年に「ノーバディノウズ」で第1回サムライジャパン野球文学大賞に輝いたのを皮切りに、2017年に「ミッドナイトジャーナル」で吉川英治文学新人賞を受賞、2018年には「傍流の記者」が直木賞候補になっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ