本文へ移動

【松山弘平コラム】アイビスSDのロードエースは1000メートルに高い適性 うまく導いていい結果を

2021年7月25日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 20日に盛岡競馬場で行われたマーキュリーCを、マスターフェンサーで勝つことができました。この2走、自分が乗って結果を出せていなかったので、今回はうれしいというよりも、とにかくホッとしました。昨年勝っているように盛岡コースが合っていますし、砂が深かったのも味方してくれましたね。もともと力がある馬ですし、これをきっかけにして、今後も活躍してくれそうです。
 日曜は新潟で9鞍の依頼を頂きました。1Rのラクスバラディーは期待の大きな馬。今週の追い切りの動きも良かったですし、スムーズな競馬ができれば勝ち負けになるはず。5Rのコンジャンクションは調教の感じだと、まだ緩さが残っていて、これからという馬ですが、水準の動きはしています。6Rのストームゾーンはもう少し乗り込んだ方が良さそうですが、時計が出ていますし、素質はありそうです。
 11Rのロードエースは追い切りに乗った感触だと、かなり前向きな面があったので、1000メートルという距離に高い適性がありそうですね。欲を言えば、もうちょっと外の方が良かったですが、11番ならまずまず。うまく導いて、いい結果を出せるよう頑張ります。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ