本文へ移動

「地味に飯テロ」自転車ロードで通り過ぎる「ラーメン」「タンメン」看板に注目が集まる【東京五輪】

2021年7月24日 16時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子ロードレース 大國魂神社を通過する選手ら(AP)

男子ロードレース 大國魂神社を通過する選手ら(AP)

 欧州を中心に人気の高い自転車ロードレース。24日、富士山周辺を回るコースでのレース中に日本の風景が映像で紹介された。テレビ中継がなく、公式サイトの動画配信のみだが、トレンドワードには「自転車ロード」が上位に入り続け、「神社やラーメン店を背景に自転車ロードレースが展開していて、見慣れた風景が世界中で配信されてると思うと新鮮すぎる」と話題になった。
 男子は244キロの長丁場。東京都府中市、調布市、三鷹市にまたがる武蔵野の森公園をスタート、東京、神奈川、山梨、静岡の1都3県を通過しながら富士山を望む難コースで、ゴールは静岡県小山町の富士スピードウェイ。
 ツイッター上では、「ラーメン」や「タンメン」など沿道の飲食店の看板が次々とツイートされ「ロードレース中継のラーメン看板が地味に飯テロになってる」との声や、富士山麓を疾走する選手の写真とともに「これはまるで日本じゃないような風景」と思い思いの楽しみを見いだしている様子が伝わった。
 また、新型コロナ対策で観戦の自粛が呼びかけられたいる中で沿道の観戦に眉をひそめる声もあるが「日本人観戦者がマナーよすぎてじわるw ・道路に出ない、柵から身を乗り出さない・旗を振って邪魔しない・発炎筒で前を見えなくしない」など、今年のツール・ド・フランスでの大規模落車事故につながる行為がないと感心する声も寄せられた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ