本文へ移動

主力DF冨安、第2戦も欠場濃厚「イレギュラーなことを乗り越えるだけの準備はしてきた」とGK谷晃生 25日に連勝かけメキシコと激突【東京五輪サッカー男子】

2021年7月24日 15時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
GK谷晃生

GK谷晃生

◇24日 サッカー男子 東京五輪日本代表会見
 男子サッカー1次リーグA組の日本代表は25日、埼玉スタジアムでの第2戦でメキシコと対戦する。24日は4選手がオンラインで記者会見した。
 GK谷晃生(20)=湘南=は失点ゼロでの初戦白星に「ポジティブに捉えていい」としつつ「でも、勝ったから反省しなくてもいいということにはならない」と気を引き締め直した。
 先制後の試合の進め方、特にボールを前から奪いにいった時の連動性に課題が残ったことを挙げ「メキシコの方が(南アより)個でもチームとしてもクオリティーが高い。改善していけたらなと思う」と語った。
 南ア戦に続き、主力DF冨安(ボローニャ)の欠場が濃厚だが、谷は「イレギュラー(想定外)なことは少なからず起こると思っていたし、これからも起こると思う。でも、それを乗り越えるだけの準備はしてきたし、乗り越える力もあると思う」とチームとしてその穴を埋め、その不在を感じさせない戦いをすることを誓った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ