本文へ移動

【侍ジャパン】G.G.佐藤の悪夢再び!? 柳田負傷で「センター近藤」が目測誤り二塁打に…ネット上で稲葉采配に疑問の声が殺到

2021年7月24日 13時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベンチからプレーを見詰める稲葉監督(左)

ベンチからプレーを見詰める稲葉監督(左)

◇24日 強化試合 侍ジャパン―楽天(楽天生命パーク宮城)
 侍ジャパンが守備の不安を露呈した。5回、楽天・ディクソンのセンターオーバー性の当たりに対し、「7番・中堅」で先発した近藤健介外野手(27)は1度前進してから、慌てて後退。結果的に頭上を越され、二塁打。2失点目につながる出塁を許した。
 センター起用の見込まれた柳田悠岐外野手(32)が右脇腹痛で別メニュー調整を続けており、人数の限られたメンバー内では、ほかに本職センターは不在。プロ入り10年目で、センター守備の経験のない近藤が抜てきされていた。これに対し、ネット上では「センター近藤」がトレンド入り。「センター近藤のままだと悪夢のGG旋風再びやぞ」「慣れないポジションさせられてる近藤も気の毒」「ギータが抜けただけでセンター近藤になる編成が悪い」と厳しい声が上がった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ