本文へ移動

【侍ジャパン強化試合】31日のメキシコ戦先発は森下暢仁に託す!! 試運転で2回1失点 最速151キロ

2021年7月24日 13時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
森下暢仁

森下暢仁

◇24日 強化試合 侍ジャパン―楽天(楽天生命パーク宮城)
 侍ジャパンの森下暢仁投手(23)は3回から2番手で登板し、2イニング1安打1失点。最速151キロと球の威力はあったが、細かな制球面に課題を残した。
 3回は先頭・黒川を二ゴロ、太田を中飛で2死。山崎剛は変化球でストライク2つを奪い、フルカウントから内角148キロ直球で見逃し三振に仕留めた。4回は1死後、オコエの二塁打と暴投で1死三塁のピンチを招き、茂木の右犠飛で1失点した。
 侍ジャパン発選出。23日の練習後には「気負いすぎずに自分の球を思い切り投げたい」。この日の34球のピッチングを踏まえ、1次リーグ2戦目の31日のメキシコ戦(横浜スタジアム)の先発登板が有力視される。
 ▽森下「1点取られましたけど、しっかりと投げられました。ボールの違いは思ったより気にならなかったです。少し暑かったです」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ