本文へ移動

【侍ジャパン強化試合】先発の山本由伸は予定の2回を無失点 開幕のドミニカ戦に向け死角なし!! 

2021年7月24日 12時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
好投した山本由伸

好投した山本由伸

◇24日 強化試合 侍ジャパン―楽天(楽天生命パーク宮城)
 侍ジャパン先発・山本由伸投手(22)は、予定していた2イニングを1安打無失点。カウント球としてカーブやツーシームを交えるなどし、五輪本番に備えた。
 1回、先頭・小深田にいきなり141キロのフォークを右前打とされたが、オコエを直球で空振り三振、茂木を中飛で2死。島内の打席で、女房役の捕手・甲斐が“キャノン”発動で一走・小深田の二盗を阻止した。2回は三者凡退に抑え、計31球でまとめた。
 23日の練習後に「外国人を想定して投げられたら。いつもの配球と多少変わるかもしれません」と話していた右腕。開幕戦となる28日ドミニカ戦の先発へ向け、順調な調整ぶりをうかがわせた。
 ▽山本「初回ヒット打たれましたが、いろいろな球種を試すことができて、2イニング目はしっかり抑えられました。(捕手の)甲斐選手とコミュニケーションもとれたと思います」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ