本文へ移動

巨人・菅野 自分の応援歌流しながら練習に励む子どもたちの力になりたい

2020年4月25日 15時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ピッチングする菅野

ピッチングする菅野

 巨人の菅野智之投手(30)が25日、ジャイアンツ球場でブルペン入りし、立ち投げで21球を投げ込んだ。球界のエースは、野球をする小中学生をおもんぱかった。
 午前9時前からピッチングをした菅野は、広報を通じて「時間は限られているので目いっぱい時間を使うためにも早くから投げました。良い感じに投げることができています。引き続き調整していきたい」とコメント。前日には新型コロナの対応に追われる東京都内の医療現場のために、1000万円を寄付した。そんな菅野は野球をする子どもたちのことも気に掛けている。
 「今、高校生の甲子園のことに目がいきがちだが、中学生や小学生も練習自粛や大会中止になり、つらい思いをしている」。前日に中学時代の恩師から連絡があり、菅野の応援歌を流し、その間に腹筋が何回できるかなど工夫しながら練習している話を聞いたという。「力になってあげたいですね」。子どもたちのためにも万全の調整を進めていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ