本文へ移動

<発掘‼ みか話~るど>(22) しろばんば(豊橋市)

2021年7月24日 05時00分 (7月24日 11時36分更新)
復活した「黄色いゼリー」=豊橋市札木町で

復活した「黄色いゼリー」=豊橋市札木町で

  • 復活した「黄色いゼリー」=豊橋市札木町で
  • 現在もそのままの場所にある若松園。創業は江戸時代=豊橋市札木町で
  • 明治か大正ごろに撮影された若松園喫茶部。井上靖も訪れたとされる(
若松園提供)=豊橋市札木町で

黄色いゼリー 文豪の幼き日

 「黄色のゼリーの菓子でスプーンを入れるのが勿体(もったい)ない。(中略)口に入れると溶けるように美味(うま)かった」...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧