本文へ移動

大坂なおみ「私の人生の中で、アスリートとして最高の名誉」五輪聖火最終点火者の喜びを語る フォロワーは「あなたで良かった」

2021年7月24日 10時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終聖火ランナーを務めた大坂なおみ

最終聖火ランナーを務めた大坂なおみ

 23日に行われた東京五輪開会式で聖火の最終点火者となった女子テニスの大坂なおみが24日未明、SNSを相次いで更新。聖火を点火する写真には「間違いなく、私の今後の人生の中で、アスリートとして最高の名誉。今の気持ちを表す言葉はないけど、感謝の気持ちでいっぱいなのは間違いない。みんな大好きだよ、ありがとう!」、点火場面の動画には「今起きたことを頭に刻み付けようとしている。クレイジー!」と喜びを表した。
 インスタグラムには午前9時現在60万を超える「いいね!」がつき、点火場面の動画は125万回以上閲覧された。
 インスタグラムのフォロワーからは「あなたで良かった」「なおみさんが本当にふさわしかったと思います。すてきでした」「赤い髪、素敵でした。オリンピックがんばって」など日本語のメッセージも寄せられていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ