本文へ移動

立川志らく「ここで森前会長が出てきて…」長すぎるバッハ会長スピーチを皮肉る【東京五輪・開会式】

2021年7月23日 23時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川志らく

立川志らく

 東京五輪開会式が23日、東京・国立競技場で行われ、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)らがあいさつに登場。会長が13分間のスピーチとなる最中、ネット上では「長い」「選手ファーストならサッサと話終わらせてー!」などと指摘する声が相次いだ。
 落語家でコメンテーターの立川志らく(57)は自身のツイッターで「ここで森前会長が出てきて『バッハは話が長い』という演出だったら素晴らしい」と、女性蔑視発言で辞任した東京五輪・パラリンピック大会組織委の森喜朗・前会長の名前を挙げて皮肉った。さらに元宮崎県知事の東国原英夫(63)はツイッターを更新し「バッハさん、挨拶(あいさつ)長いよ。もう分かったから。もう参加者・関係者・国民・せかいの人々、飽きてるよ。夜遅いから、巻こうよ。」とぶった切った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ