本文へ移動

ドラゴンクエスト”生みの親”堀井雄二さんも感動「オリンピックの入場曲に、うるうるしてしまいました」

2021年7月23日 22時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
入場行進する日本選手団

入場行進する日本選手団

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親のゲームデザイナー堀井雄二さん(67)が23日、東京五輪の開会式に絡めて自身のツイッターを更新。入場行進で「ドラクエ」の曲が流れた感激をつづった。
 開会式ではドラクエのテーマ曲が流れ、参加国・地域がギリシャから入場行進を始めた。堀井さんは「オリンピックの入場曲にドラクエの曲が流れた時は、ボクも、うるうるしてしまいました。これまで35年走ってきたかいがあったような気がしました」。
 さらにシリーズのテーマ曲を手掛けた作曲家すぎやまこういちさんの名前を挙げて「素晴らしい楽曲を作曲してくださったすぎやま先生をはじめ、支えてきてくれた多くの皆さんに感謝です。ありがとう!!」と投稿した。
【合わせて読みたい】
◆まさかの『ドラクエ』入場行進に「マジで胸熱」
◆デーブ・スペクターさん「7年間準備して、これ?」
」 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親のゲームデザイナー堀井雄二さん(67)が23日、東京五輪の開会式に絡めて自身のツイッターを更新。入場行進で「ドラクエ」の曲が流れた感激をつづった。
 開会式ではドラクエのテーマ曲が流れ、参加国・地域がギリシャから入場行進を始めた。堀井さんは「オリンピックの入場曲にドラクエの曲が流れた時は、ボクも、うるうるしてしまいました。これまで35年走ってきたかいがあったような気がしました」。
 さらにシリーズのテーマ曲を手掛けた作曲家すぎやまこういちさんの名前を挙げて「素晴らしい楽曲を作曲してくださったすぎやま先生をはじめ、支えてきてくれた多くの皆さんに感謝です。ありがとう!!」と投稿した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ