本文へ移動

足湯にチリン、風鈴涼しげ あわらの「芦湯」

2021年7月24日 05時00分 (7月24日 09時47分更新)
メッセージが書かれた短冊と一緒につるされている風鈴=あわら市温泉1で

メッセージが書かれた短冊と一緒につるされている風鈴=あわら市温泉1で

 あわら市温泉一の足湯施設「芦湯(あしゆ)」にガラス製の風鈴百個が飾られている。風鈴には願い事やメッセージが書かれた短冊がつるされており、風に吹かれて「チリン、チリン」と涼しげな音を奏でている。八月末までの予定。
 コロナ禍で少しでも人々の癒やしになり、元気づけることができたらと、芦湯を管理する市観光協会が昨年に続き設置した。
 風鈴は同市の金津創作の森にあるガラス工房が手がけた。青や黄、緑などカラフルで、金魚やカブトムシなど夏を感じさせる絵柄が施されたものもある。
 昨年は芦湯内に箱を置き、一年後の自分へのメッセージを募集。集まった中から百八十枚を短冊として取り付けた。新型コロナウイルスの収束や恋愛成就の願いや、「大学生活楽しんでますか?」「韓国に行けますように」といったメッセージがつづられている。
 芦湯は年中無休で無料。開館時間は午前七時〜午後十一時。
 (畑明日香)

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧