巨人・中川が気持ち新たにブルペン25球「誠司さんに受けてもらえてよかった」

2020年4月28日 15時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 巨人の中川皓太投手(26)が28日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた個別練習に参加。立った小林を相手にブルペンで25球を投げ、「誠司さん(小林)に受けてもらい、また違った気持ちで投げられたのはよかった。引き続きブルペンに積極的に入っていきたい」と意欲を示した。
 新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上での個別練習が続く。視察した元木ヘッドコーチは「オープン戦で良かった人はかわいそうだけど、悪かった人は修正して良い時間にしてほしい」と注文。緊急事態宣言で外出自粛生活が続くことについては「家では何もしてないよね。日本の皆さんと同じだよ。でも、考えることは野球のことばかり」とコメントした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ