本文へ移動

美人すぎるカザフスタン旗手にネット騒然「妖精ですか??」「ゼルダ姫かとおもた」【東京五輪】

2021年7月23日 21時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
カザフスタンの旗手を務めたオリガ・ルイパコワ(ルイパコワのインスタグラムより)

カザフスタンの旗手を務めたオリガ・ルイパコワ(ルイパコワのインスタグラムより)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期された東京五輪の開会式が23日、東京・国立競技場で行われた。ギリシャからスタートした入場行進は、その後「あいうえお順」で推移したが、カザフスタンの選手団が姿を見せると、ネット上が騒然。「カザフスタンの旗手さん、妖精ですか??」と"くぎ付けコメント"が相次いだ。
 旗手を務めたのは、三段跳びで3大会連続メダルを獲得しているオリガ・ルイパコワ選手。スラリとしたスタイルと驚くほどの小顔で、王妃のような衣装を身にまとって笑顔で手を振るシーンが流れると、一気に話題が沸騰。「美しすぎてやばい」「ゼルダ姫かとおもた」「エルサです??」「ここまではカザフスタンの旗手さんがMVP」「神は二物を与えすぎ」「めちゃくちゃ美人だったな~しかも、音楽があのFFの曲だからすごい女神感が。。。」などと称賛の声が続出した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ