本文へ移動

大谷翔平と2年ぶり対戦「楽しかった!」前田健太4敗目も充実感「投球内容は良くなってきた」【MLB】

2021年7月23日 14時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス戦に登板した前田健太(AP)

エンゼルス戦に登板した前田健太(AP)

◇22日(日本時間23日)MLB ツインズ―エンゼルズ(ミネアポリス)
 ツインズの前田健太投手(33)が自身のインスタグラムを更新。本拠地で行われた22日(日本時間23日)のエンゼルス戦で先発、大谷翔平選手(27)と対戦したことも含めて、投球を振り返った。
 この日は7イニングを投げて被安打7、奪三振6、3失点。2点リードの5回に3点を取られ、そのまま2―3で終了し、4敗目(4勝)を喫した。「負けはつきましたが 投球内容は良くなってきました。 続けていけるようにそして、チームが勝てるピッチングができるように頑張ります」とつづり、感触が良くなっていることを伝えた。
 大谷との対決は空振り三振、二ゴロ、空振り三振と3打席とも封じた。「翔平とは2年ぶりの対決。 全てを楽しめたわけじゃないですが楽しかった!」と対戦した感想もつづった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ