本文へ移動

4都県、連日感染3000人超 半年ぶりの水準、「ステージ4」次々

2021年7月23日 05時00分 (7月23日 05時01分更新)
 東京五輪は新型コロナ感染拡大の中で開幕を迎える。東京都や神奈川、埼玉、千葉の一都三県の新規感染者数の合計が二日連続で三千人を超えた。一月の「第三波」のピークに迫る勢いだ。専門家は「自宅で亡くなる人が出る事態は避けたい」と医療体制の逼迫(ひっぱく)を懸念。改めて不要不急の外出を控えるように呼び掛ける。(小坂井文彦、藤川大樹、神谷円香)

■デルタ株が影響

 二十二日の一都三県の新規感染者の合計は三千四百六十三人。三千人超は約半年ぶりの水準だ。感染力の強いデルタ株(インド株)の影響で、過去最多の四千三百二十七人(一月九日)を超す可能性も出てきた。
 感染状況を示す指標のうち最初に数値が上がるのが「人口十万人当たりの直近一週間の新規感染者数」だ。東京は六月三十日に、最も深刻な「ステージ4」の目安(二十五人)を突破。緊急事態宣言が出た今月十二日には、約三七・九四人に増えた。
 神奈川は十四日にステージ4に達した。県はまん延防止等重点措置の範囲を拡大するなどの対策を取ったが改善せず、二十二日には三七・三五人に悪化。埼玉、千葉両県も十九日にステージ4になった。
 東京は二十日時点で、重症者用病床の使用率もス...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報