本文へ移動

冨安は左足首負傷 次戦メキシコ戦は微妙か 森保監督は明言避ける【東京五輪サッカー男子】

2021年7月22日 23時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DF冨安健

DF冨安健

◇22日 東京五輪 サッカー男子 1次リーグ 日本1―0南アフリカ(味の素スタジアム)
 日本の森保一監督(52)は、この日の南ア戦でベンチ外だったDF冨安健洋(22)=ボローニャ=の欠場理由について、左足首の負傷と明かした。25日の1次リーグ第2戦となるメキシコ戦(埼玉ス)への出場は微妙だという。
 冨安は前日練習で左足首を痛めたといい、「きょうの試合は出場を見送ることになった。これから経過観察して次の試合に出られるか、というところ。いつまでに戻るとかは今はお話しできる状態になく、次の試合も可能かもしれない」と経過観察中であることから、復帰時期や次戦の出場可能性については明言を避けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ