本文へ移動

松阪牛や県産牛乳、コラボ商品を発売 ローソン、中部7県で

2021年7月23日 05時00分 (7月23日 14時41分更新)
県の食材や県内飲食店とコラボした新商品とローソン関係者=県庁で

県の食材や県内飲食店とコラボした新商品とローソン関係者=県庁で

 コンビニ大手のローソンは県産食材を使ったり、県内の飲食店とコラボしたりした九種類の新商品を、中部七県で期間限定で発売した。二十日には同社の社員らが県庁を訪問し、鈴木英敬県知事に商品をPRした。
 県内では、伊賀市、名張市、熊野市、南牟婁郡を除く店舗で八月二十三日まで販売する。松阪牛のすき焼きが具材のおにぎりや、伊勢市の山村乳業の牛乳を使ったシュークリームのほか、同市内の飲食店と開発した商品もあり、「まんぷく食堂」はからあげ丼、「伊勢うどんつたや」は冷やし醤油(しょうゆ)ラーメンを監修した。
 ローソン中部商品部長の姫野淳さんは「コロナ禍で苦境に立つ生産者や観光地を応援したい」と意気込んだ。知事は、同社と包括提携協定を結んで十五年目になるとして「これからも一緒に県を盛り上げていけたら」と話した。 (篠崎美香)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報