本文へ移動

体力 グィッと向上 小松工高で市民向けウエート教室

2021年7月23日 05時00分 (7月23日 11時11分更新)
ウエートリフティングのトレーニング教室に参加する受講者ら=小松市打越町で

ウエートリフティングのトレーニング教室に参加する受講者ら=小松市打越町で

◇競技の認知度アップも狙い
◇体格問わず誰でも参加可能

 ウエートリフティングを通じて各種スポーツの能力向上に役立ててもらおうと、小松工業高校のウエートリフティング部顧問の小町昂史さん(36)らが同校で、市民向けに「Forzaトレーニング教室」を週一回開いている。初心者でも基礎から指導し、体力アップを実感できるトレーニング法を伝授。競技の認知度アップにつなげる狙いもあり、「まずは気軽に体験してほしい」と参加者を募っている。 (久我玲)
 小町さんは同校の顧問に就いて五年目で、部員七人を率いる。三十年前には県の総体で歴代優勝者に名を連ねた同校だが、時代とともに部員数が減り、一度は廃部に。十年前に復活したものの、「中学校にクラブがなく新入部員獲得が難しい」と小町さん。ウエートリフティングの認知度を高め、競技の普及にもなればと教室を企画した。
 教室は四月から開講し、現在は中学生三人と一般女性二人の計五人が参加する。小町さんのほか、同部OBで高校三年時の高校総体で優勝経験を持ち、現在も社会人リフターとして活躍する中本唯人さん(21)がコーチとして加わる。
 練習で受講生は、重りを付けないシャフトを肩に当てながらのスクワットで基本動作を確認。バーベルを頭上に持ち上げるまでの補助動作を順序立てて行い、最後には頭上にバーベルを持ち上げ、体の使い方を学んでいた。体格問わず誰でも参加でき、体幹強化や瞬発力、跳躍力向上が期待できるという。
 受講している小松市松陽中学校二年の堂前若葉さん(14)は「硬式野球の試合で打球の伸びが良くなり、スイングする時の姿勢もぶれなくなった」とトレーニングの効果を実感する。
 対象は小学生から誰でも参加できる。教室は毎週水曜日、午後六時半〜八時に行われる。会費は半年ごと二千円。(問)小町さん080(3746)1985

関連キーワード

PR情報