本文へ移動

外壁は広告看板 美術家・村上慧さん、名古屋・四間道の「稼ぐ家」

2021年7月23日 05時00分 (7月23日 05時00分更新)
村上慧さんが生活している「広告看板の家 名古屋」=名古屋市西区那古野で

村上慧さんが生活している「広告看板の家 名古屋」=名古屋市西区那古野で

  • 村上慧さんが生活している「広告看板の家 名古屋」=名古屋市西区那古野で
  • 家の内部にも広告が掲げられている(村上慧さん提供)
 広告看板を大量に掲げた手作りの「家」を名古屋市内に設置し、寝泊まりしている現代美術家がいる。生活の糧は、家の壁や身の回りのものに書かれた広告からの収入のみ。ユニークな試みで、実体の見えない「貨幣経済」の意味を問いかける。 (宮崎正嗣)
 美術家の名は村上慧(さとし)さん(32)=東京都三鷹市。古い町並みの残る名古屋市の四間道(しけみち)地区にある店の軒先に家を建て、十三日から三週間の期間限定で生活している。家の大きさは幅一・二メートル、長さ一・五メートル。地面から高さ約九十センチの位置に床があり、床から天井も高さ九十センチほどしかない。床の穴から中に入り、寝るときは、対角線上に横たわる。
 この生活は「広告看板の家 名古屋」と名付けたプロジェクト。壁の素焼きタイルには一枚ずつ、企業などのロゴマークが広告として掲げられている。村上さんの服装や身の回りの雑貨にも、広告がびっしり。今回のために広告費として一口五万円を募り、名古屋を中心に企業や商店、個人から十七口集まった。広告収入で家の建材を購入し、食事やクリーニングなど、期間中の生活費に充てている。
 活動の原点は十年前。武蔵野美術大建築学科を...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

文化の新着

記事一覧