本文へ移動

南アフリカPCR検査結果なぜか非公表 ウェブ上では「今までの五輪感染対策を全否定」と疑問の声

2021年7月22日 20時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―南アフリカ 前半、堂安と競り合う南アフリカ選手(右)

日本―南アフリカ 前半、堂安と競り合う南アフリカ選手(右)

◇22日 東京五輪 サッカー男子1次リーグA組 日本―南アフリカ(味の素スタジアム)
 来日後に新型コロナウイルスに選手2人が感染していた南アフリカと日本の1次リーグ初戦は予定通りに実施された。五輪組織委員会は、試合開始約2時間前に「予定どおり本日20:00キックオフで実施されることとなりました」と発表。しかし、18人が濃厚接触者と判定されていた南アに対して試合開始6時間前に実施されたPCR検査の結果は非公表で、ネット上では組織委の対応を疑問視する意見もあふれた。
 「南アの選手たち、すごく大変だったと思うけど試合できて良かった」「賛否両論あると思うが選手たちを応援したい」「不戦勝とか不戦敗とか後味悪すぎる」と試合を待ち望んでいたファンから喜びの声が寄せられる一方、やはり厳しい指摘も続々。「濃厚接触者と試合させるって、なんか今までの感染対策を全否定しちゃってるよね」「何で明らかにしないの?」「試合後に陽性になるんじゃないのか?」などと“安全・安心”の試合実施なのかどうか疑問視するコメントも相次いだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ