本文へ移動

【王位戦第3局】藤井聡太王位、豊島竜王に連勝で2勝1敗に 「攻めがつながった」難解な局面制し19歳初白星

2021年7月22日 19時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3局で豊島将之竜王(左)に勝ち、感想戦で対局を振り返る藤井聡太王位(代表撮影)

第3局で豊島将之竜王(左)に勝ち、感想戦で対局を振り返る藤井聡太王位(代表撮影)

 藤井聡太王位(19)=棋聖=に豊島将之竜王(31)=叡王=が挑戦する「お~いお茶杯第62期王位戦」(中日新聞社主催・伊藤園特別協賛)七番勝負第3局は22日、神戸市北区で指し継がれ、藤井王位が117手で勝利して2勝1敗とした。第4局は8月18、19日、佐賀県嬉野市で指される。
 藤井王位は終局後、封じ手前後の形勢について「どう対応するか難しいと思っていた。自信がなかった」としたが、馬を切った勝負手以降は「攻めがつながった」と振り返った。一方、最初は悪いと思っていなかったという豊島竜王は「途中から自信がなくなった」と明かした。第4局に向けては両者とも「間があくので準備して望みたい」と力強く語った。
 19歳でも白星発進を飾った。戦型は先手・藤井王位の誘導で角換わり腰掛け銀に。互いに大局観が問われる中、豊島竜王の封じ手で2日目は再開した。難解な局面が続いたが、藤井王位が堂々たる指し回しで局面をリードすると、最後はきっちり押し切った。第2局の逆転劇に続く連勝で豊島竜王との対戦成績を3勝7敗まで戻し、王位初防衛へ向け、価値ある1勝となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ