本文へ移動

35歳増田貴久、高校1年生役に挑戦 「僕が只野君…やります!」 NHK連ドラ「古見さんは、コミュ症です。」

2021年7月23日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
主人公・只野仁人役の増田貴久

主人公・只野仁人役の増田貴久

  • 主人公・只野仁人役の増田貴久
  • ヒロイン・古見硝子役の池田エライザ
 アイドルグループ「NEWS」の増田貴久(35)が、NHKの連続ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」(9月6日スタート、月曜午後10時45分)に主演することが22日、分かった。
 「週刊少年サンデー」でオダトモヒトさんが2016年から連載中の同名人気漫画をドラマ化。漫画週刊誌に連載中で、若者を中心に絶大な人気を集める同名原作のドラマ化。増田は志望校に合格し、4月から新たに高校1年生になった主人公の男子・只野仁人(ただの・ひとひと)役、ヒロインの古見硝子(こみ・しょうこ)を池田エライザ(25)が演じる。
 コミュ症(コミュニケーションが苦手な状態を指した原作オリジナルの略称)を抱える美少女・古見と入学式の朝に出会った只野が、ひそかに友達づくり100人を目指す古見に寄り添い奮闘する姿を描く。
 増田は「まず、古見さんかわいい! 原作漫画を読ませてもらって古見さんファンになりました。古見さんファンの方々、僕が只野君…やります! フンス!」と、35歳で高校生役に挑戦できることを喜びながら「登場人物がみんな個性的です! それを受け止める只野くんの自然な優しさを丁寧に演じていきたいと思っています」と抱負を語った。
 単行本の1巻が発売された当初から原作漫画を読んでいたという池田は「自分を知り、伝え、相手を知り、尊重する。違うということを楽しむ。そんなことを繰り返しながら、大切な友人に出会っていく古見さんたちにぜひ癒やされてください」と呼びかけている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ