本文へ移動

三山ひろし、趣味で育てた“カブトムシお渡し会” 「上質のワインのような色も」

2021年7月22日 16時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三山ひろし

三山ひろし

 演歌歌手の三山ひろし(40)が22日、東京都内で“カブトムシお渡し会”を行った。
 趣味で自ら育てたカブトムシをファンにプレゼントするイベントで、3回目となった今年は雄と雌のペアを親子連れら36組にプレゼント。「今年は赤い色のカブトムシも交配して育てたので、真っ黒いカブトムシや上質のワインのような色のカブトムシもいて、バラエティーに富んだ個体が生まれました」と話した。
 イベントには“けん玉大使”でもある三山が、指導を受けているけん玉の男性インストラクターも参加した。実は、東京五輪競泳日本代表の佐藤翔馬(20)も同じインストラクターにけん玉を習っていて、兄弟弟子の関係になる。
 故郷の高知で聖火ランナーも務めた三山は「佐藤選手が平泳ぎで金メダルを取ってくれるんじゃないか、と注目してます。もし、金メダルなら一緒にけん玉をやってお祝いしたい。応援してます!」とエールを送った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ