本文へ移動

『五輪潰れかねない』トレンド入り 小林賢太郎さんまで止まらない辞任・解任ドミノ… 「だから中止していればよかったのに」

2021年7月22日 14時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林賢太郎さん

小林賢太郎さん

 東京五輪開会式前日の22日、開閉会式のショーディレクターを務めていた小林賢太郎さんが、ユダヤ人大量虐殺のホロコーストを題材にした過去のコントが批判を浴びて解任。止まらぬ「辞任・解任ドミノ」に、大会関係者が一部報道に語った「五輪潰れかねない」がSNSでトレンドワードになり「『五輪が潰れかねない』よりも、五輪開催によって日本が潰れかねないことを案ずるべき」など、厳しい意見が寄せられた。
 ツイッターでは「まるで今に至るまで何の問題もなかったような表現」「東京オリンピック開催のために飲食店では、酒類の提供が禁止され、緊急事態宣言のために休業に追い込まれたり、なのでお店が潰れかねないのかと思ったら、オリンピックそのものかぁ。だから中止していればよかったのに」などの冷ややかな声や憤りが相次いで寄せられた。
 また「女性蔑視の森喜朗前組織委員会会長や電通出身佐々木宏氏(渡辺直美さんの容姿を侮辱する企画提案で辞任)にしろ、上層部の歪んだ感覚が隅々まで浸透していたのではないか」「中身がスカスカ。キャスティングした人は何を基準に人選したのかちゃんと公にするべき」「『いじめ自慢』を行った人物やホロコーストを『ネタ』扱いした人物画携わった東京五輪は受け入れ難い。『いじめる側』の論理で国際的イベントが動かされている現状が本当に辛い」との声も。
 しかし、開会式を前に一部の競技がスタートしている現実もあり「4年に1回の祭典なのにケチしかついてへんよね。せっかく日の丸背負って戦ってる選手がかわいそう。『五輪潰れかねない』とか、潰れないように守ってあげるのが組織トップの務めでは…」と指摘する声もあった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ