本文へ移動

知事、原発の運転延長案先行報道に不快感

2021年7月22日 05時01分 (7月22日 14時14分更新)
 杉本達治知事は二十一日の定例会見で、現在最長で六十年とされる原発の運転期間の延長を政府が検討していると一部で報じられたことに対し、経済産業省への確認により、事実ではないと認識していると明かした。原発の維持は立地地域の安全が最優先だとの前提を示し、延長案が先行して報じられたことに「『六十年超え』だけが走るのはとんでもない状況だと思って確認した」と不快感を示した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧