本文へ移動

【中日】京田に熱血指導! 福留から大島から…40分みっちり 「体の近くを通るようにバットの出し方を意識して打ちました」

2021年7月22日 13時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
福留(左)に打撃指導を受ける中日・京田

福留(左)に打撃指導を受ける中日・京田

 中日の京田陽太内野手(27)が22日、バンテリンドームナゴヤでの全体練習に参加し、選手、コーチの計6人からみっちりと指導を受けた。
 ティー打撃で汗を流す背番号1の元に、福留、大島、パウエル打撃コーチ、村上巡回打撃コーチが集まり、40分にも及ぶ熱血指導が行われた。
 練習を終えた京田は「バットが体から離れてしまうので、体の近くを通るようにバットの出し方を意識して打ちました。ずっとやっていることですが、身につくようにこの期間も継続してやっていきたいです」とコメントした。
 直前には、ビシエド、荒木内野守備走塁コーチから指導される場面もあり、打撃向上に努める背番号1に、バットマンたちのパワーが注入された。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ