本文へ移動

豊島竜王の封じ手は5四銀打 王位戦第3局再開

2021年7月22日 13時21分 (7月22日 13時24分更新)
立会人の谷川浩司九段(左)が封じ手を示し、対局を再開する豊島将之竜王(中央奥)と藤井聡太王位=22日午前9時2分、神戸市の「中の坊瑞苑」で

立会人の谷川浩司九段(左)が封じ手を示し、対局を再開する豊島将之竜王(中央奥)と藤井聡太王位=22日午前9時2分、神戸市の「中の坊瑞苑」で

 将棋の藤井聡太王位(19)=棋聖、愛知県瀬戸市=に豊島将之竜王(31)=叡王、愛知県一宮市=が挑戦している「お~いお茶杯第六十二期王位戦」(中日新聞社主催、伊藤園特別協賛)七番勝負第三局は二十二日、神戸市の旅館「中の坊瑞苑」で再開、指し継がれた。
 両対局者が前日の手順を再現した後、立会人の谷川浩司九段(59)が、豊島竜王の封じ手(六十六手目)が入った封筒を開封。「5四銀打」を示し、二日目の対局が始まった。
 封じ手の5四銀打は事前に本命視されていた手の一つで、豊島竜王が自陣を重厚にする狙いがある。「少しずつポイントを稼ぎたいという豊島竜王の考えが反映されている」と副立会人の大石直嗣七段(31)。
 その後、同銀(六十七手目)、同銀(六十八手目)と銀交換が行われ、藤井が4五歩(六十九手目)と飛車の利きを止めた後、豊島は一時間二十二分の長考で、3三桂(七十手目)と跳ねた。谷川九段は「藤井王位が5一に角を打ち、馬をつくった場合の継続手に注目したい」と話す。
 両者一勝一敗のタイで迎えた本局の勝敗は、同日夜までに決まる見通し。

関連キーワード

PR情報