本文へ移動

夜のゴンドラ 食や音で彩り 一里野スキー場 獅子吼高原

2021年7月22日 05時00分 (7月22日 11時34分更新)
ナイト・トラベルの催しをPRする鷲見さん=白山市役所で

ナイト・トラベルの催しをPRする鷲見さん=白山市役所で

 白山市企画 来月末まで屋台、演奏会


 白山市でゴンドラに乗って夕涼みや飲食を楽しめる催し「ナイト・トラベル」が今夏、白山一里野温泉スキー場(尾添)と獅子吼(ししく)高原(八幡町)の二カ所で開催される。八月末までの、毎週末を中心に、演奏会や特別メニューの提供、屋台の出店などが行われる。(吉田拓海)
 白山一里野温泉スキー場は「ナイトゴンドラ」と銘打ち、ゴンドラリフトを山頂駅(標高一、〇五〇メートル)まで運行する。期間中にゲレンデを一万三千個の電飾で彩るイベント「灯(あか)りでつなぐ白山」も開催する。運行時間は、午後五〜九時。料金は大人一人千二百円。八月七〜九日と十四、十五両日、二十一、二十二両日に運行する。
 期間中、JR松任駅と一里野を往復する無料シャトルバスも運行。往路は午後四時十五分に出発し、市役所、鶴来支所を経由。復路は午後八時に出発し、午後九時四十五分に松任駅に戻る。利用するには、市観光連盟へ電話予約が必要。
 獅子吼高原(標高六五〇メートル)では、ゴンドラから日本海や手取川扇状地を照らす夕日を楽しめる。七月二十九日〜八月一日は午後九時まで、八月二十六〜二十九日は午後八時まで運行。料金は大人一人七百十円。三十、三十一両日は屋台も出店する。市観光課の鷲見結実子さん(46)は「市民にも魅力を再発見してほしい。どちらも楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。(問)白山市観光連盟076(259)5893 

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧