本文へ移動

<奥三河点描> 設楽・つぐ高原天文台

2021年7月22日 05時00分 (7月22日 11時19分更新)
月に向けて望遠鏡をセッティングする平野さん(右)と後藤さん=設楽町津具で

月に向けて望遠鏡をセッティングする平野さん(右)と後藤さん=設楽町津具で

  • 月に向けて望遠鏡をセッティングする平野さん(右)と後藤さん=設楽町津具で
  • 約1年半ぶりに天文観測会が開かれたつぐ高原天文台=設楽町津具で
 「ふぬっ」「はっ」。設楽町津具のキャンプ場「つぐ高原グリーンパーク」の天文台にある望遠鏡。向きを自動で動かす機器が壊れ、大人二人が力を込めて一瞬息を止め、抱えるように回す。パソコンと連動して天体を自動追尾する望遠鏡ばかりの中、星を見るには少々、気合が必要だ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報