本文へ移動

<コロナ時代を支える人> 安城市ごみゼロ推進課清掃員 福田創一さん(52) 加藤正夫さん(47)

2021年7月22日 05時00分 (7月22日 11時31分更新)
「市民生活を支える」と話す福田さん(右)と加藤さん=安城市堀内町の市清掃事業所で

「市民生活を支える」と話す福田さん(右)と加藤さん=安城市堀内町の市清掃事業所で

 「いつもありがとう」「体に気を付けてください」。昨春以降、急激に増えたごみの収集に追われた清掃員たち。心の支えになったのが、ごみ袋などに貼られた市民からの手紙だ。縁の下の力持ちとして、「僕たちの仕事は日ごろは注目されない。本当に驚き、うれしかった」。一日の終わり、汗だくになった作業服に身を包んだ安城市ごみゼロ推進課の福田創一さん(52)と加藤正夫さん(47)が笑顔で話した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報