本文へ移動

敦賀気比 夏も甲子園へ 高校野球福井大会 金津に7−0

2021年7月22日 05時00分 (7月22日 10時00分更新)
優勝を決め、マウンドに駆け寄って喜びを爆発させる敦賀気比の選手たち=21日、福井市の県営球場で(蓮覚寺宏絵撮影)

優勝を決め、マウンドに駆け寄って喜びを爆発させる敦賀気比の選手たち=21日、福井市の県営球場で(蓮覚寺宏絵撮影)


 第百三回全国高校野球選手権福井大会は最終日の二十一日、福井市の県営球場で決勝が行われ、敦賀気比が金津を7−0で破り、コロナ禍で中止になった昨年を挟んで三大会連続十回目の甲子園出場を決めた。昨年の独自大会を含めると夏は四年連続の優勝となった。
 敦賀気比は先発右腕の本田克(かつき)が、切れの良い速球と変化球のコンビネーションで好投し、被安打4で完封。打線は二回2死一、二塁から東鉄心の左前打で先制した。五回には小西奏思の内野安打と森田世羅の右前打で2点を挙げて突き放した。
 初めて夏の決勝に進んだ金津はエース左腕の藤田貴志の制球が乱れ、つけ込まれた。打線も終始つながりを欠き、後手に回った。
 全国高校野球選手権は八月九日から十七日間、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われる。 (谷出知謙)

関連キーワード

PR情報

福井発の新着

記事一覧