本文へ移動

巨人育成の沼田翔平が打席に入った丸のオーラに…「ラスト1球を決めきれなかった」

2020年5月7日 16時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで投球練習をする巨人の沼田(球団提供)

ブルペンで投球練習をする巨人の沼田(球団提供)

 巨人は7日、川崎市のジャイアンツ球場で行われている個人練習に菅野や丸、坂本ら主力クラスが参加。ブルペンでは8人が投球練習を行い、育成の沼田翔平投手(19)が捕手を立たせた状態で22球を投げ、途中からは丸が打席に入って球筋を確認する場面もあった。
 飛躍を期す2年目右腕は「丸さんのオーラに負けて、ラスト1球を決めきれなかった。そこが自分の弱さですね」と反省。一方の丸は「良いスピンの効いたボールだった」と評価した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ