本文へ移動

ユーリ阿久井TKOで2度目防衛「フルラウンドKO勝ち一番の収穫かも」【ボクシング日本フライ級】

2021年7月21日 22時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本フライ級タイトルを防衛したユーリ阿久井

日本フライ級タイトルを防衛したユーリ阿久井

 ボクシングの日本フライ級タイトル戦が21日、東京・後楽園ホールで行われ、王者ユーリ阿久井政悟(25)=倉敷守安=が挑戦者の同級6位、桑原拓(26)=大橋=を10回2分49秒TKOで下し、2度目の防衛を果たした。これで通算戦績は16勝(11KO)2敗1分け。敗れた桑原は初黒星で8勝(4KO)1敗となった。
 王者は初回に得意の右ストレートでダウンを奪取する最高の滑りだしだったが、2回からは桑原のスピードと手数にてこずり、5回終了時に発表された途中採点は2―0。6~8回も互角の展開だったが、9回から再び攻勢を強めると最終回の中盤に挑戦者をロープまで吹き飛ばす右をヒット。最後は青コーナーで強烈な右ストレートをたたき込み、挑戦者がほとんど失神状態となる強烈なKO劇をものにした。
 王者は「最終回のこんな時間でKOするのは想像もしていなくて、不思議な気持ち。でも、回が進むごとに自分が不利になるというような予想をされてむかついてたので、フルラウンドでKO勝ちしたのは一番の収穫だったかもしれません」と納得の表情だった。
 初回にダウンを奪ったのは狙い通りで、効いているのも分かったため「回復は無理だろう」と思っていたというが、予想以上につかまえるのに時間がかかり「桑原選手は強かったです」と粘った相手もたたえた。
 昨年6月に夢さん(26)と結婚。同9月に長女の千聖(ちさと)ちゃんが誕生した。「娘が画面の前で応援してくれていたはずなので、帰って早く愛(め)でたいです」とリング上とは打って変わり、最後は父親の顔をのぞかせた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ