本文へ移動

高校野球長野大会、きょう準決勝 

2021年7月22日 05時00分 (7月22日 05時00分更新)
 第103回全国高校野球選手権長野大会は22日に準決勝を迎え、松商学園−高遠、長野日大−岡谷南が対戦する。今春の県大会準決勝と同じ組み合わせとなり、春に敗れた高遠と長野日大はリベンジを期す。2年ぶりに開催される夏の甲子園出場に向けてどこが決勝に駒を進めるのか、勝負の行方を展望する。 (今坂直暉、右田誠弥、清水大輔)

そつない攻撃強み・高遠 × 投打で完成度高く・松商学園

 投打で完成度の高い松商学園を、高遠が打ち崩せるかが見どころになりそう。
 今春の県大会を制した松商学園。ここまでの四試合はすべて七回コールドゲームで勝ち上がってきた。投手陣はエースの渡辺創治郎投手、栗原英豊投手の二枚看板。ともに130キロ後半の直球が武器の本格派。準々決勝の上田西戦など2試合に先発の栗原投手は、上田西を被安打2で零封するなど今大会はいまだ無失点で成長著しい二年生。準決勝は渡辺創投手から栗原投手への継投もあるか。四試合で1失点、1失策の堅守も光る。
 チーム打率は4割5分4厘と、4強で唯一の4割台。四試合の安打は50本、うち5本は本塁打で、いずれも4強で最多。上田西戦で2本塁打の熊谷大生選手や、斎藤優也選手など...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧