本文へ移動

井上尚弥のスパーリングパートナー石井TKO勝ち「井上さんにはなれないですけど」飛躍誓う【ボクシング】

2021年7月21日 21時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加

KOで若手ホープ対決を制した石井(右)

 ボクシングのバンタム級ノンタイトル8回戦が21日、東京・後楽園ホールで行われ日本ユース同級王者で日本同級9位の石井渡士也(20)=REBOOT・IBA=が日本同級5位の南出仁(26)=セレス=に5回2分18秒TKOで勝った。初回、3回に右ストレートでダウンを奪い、5回に後退しながら放った右フックで南出の膝が落ちたところでレフェリーが試合を止めた。

若手ホープ対決にKO勝ちし、射場会長(中)とポーズを取る石井(右)

 石井は、この日ゲスト解説を務めたWBA・IBF統一バンタム級王者、井上尚弥(大橋)のスパーリングパートナーを何度も務めるなど世界王者クラスと何度もスパーリングを重ねてきた。前戦では世界戦も経験した元日本フライ級王者の石田匠(井岡)に敗れたが、この試合ではアマ経験も豊富な南出を圧倒して高い潜在能力を証明した。
 石井は「右ストレートは手応えがあった。(リングから井上尚と目が合って)自分は井上さんにはなれないですけど、これでランキングも上がると思うので、日本タイトルからステップアップしていきたいと思います」とリング上で笑顔を見せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ