本文へ移動

【巨人】元木ヘッドがリクエスト2連発 幸先よく先制「後があんまり続かなかったね」と苦笑

2021年7月21日 18時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクエスト成功に思わず笑みがこぼれる元木軍・元木大介監督

リクエスト成功に思わず笑みがこぼれる元木軍・元木大介監督

◇21日 リアルジャイアンツカップ(東京ドーム)
 先攻だった元木軍は初回に北村のソロで幸先よく1点先制したが、そこからなかなか続かなかった。元木大介ヘッドコーチ(49)は「後があんまり続かなかったね」と苦笑いだった。
 守備に就いていた1回中の二岡軍の攻撃の時にはリクエストを2連発。無死二塁で走者・湯浅へのけん制がセーフと判定された際にはアウトに覆り、続く1死一塁から松原の二盗がセーフと判定された時もリクエスト。だが、これは判定通りとなり「(松原にタッチした)北村も絶対アウトですって言うから(リクエストに)行ったらセーフだった。あれがなかったら重信のがセーフだったけどね」。
 1回失敗するまでリクエストできるという特別ルールは1回の守りで権利が消滅。2回の攻撃で無死一塁から重信の二ゴロが微妙なタイミングだったがリクエストできず、これも苦笑いだった。
 19日のドラフトで外れの外れ1位で小林を1位指名した際「頼むから打ってくれ」と懇願のメッセージを出していたが、その小林は2回2死三塁の攻撃で投ゴロに倒れるなど2打数無安打。「失敗したな」と笑ったが、これは元木ヘッド流のジョークを交えながらの叱咤激励。「(小林)誠司は誠司でまた、練習してゲームで打てるようにね」とハッパをかけていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ