本文へ移動

【ロッテ】専大松戸OB2選手が母校の甲子園出場祝福「持丸監督を胴上げしてください!」

2021年7月21日 18時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
原嵩(左)と横山陸人

原嵩(左)と横山陸人

 高校野球千葉大会は21日、専大松戸が延長13回タイブレークの末に木更津総合をサヨナラ満塁本塁打で下し、6年ぶり2度目の夏の甲子園出場を決めた。
 千葉県を本拠地とするロッテは試合後に専大松戸OBの2選手の祝福コメントを発表。入団6年目の原嵩投手(23)は2015年に甲子園初出場を果たした時のエースで「甲子園大会出場おめでとうございます。僕らが出場した時は1回戦で負けてしまったので、それよりも一つでも多く勝って優勝目指して頑張ってください。甲子園のグラウンドで持丸監督を胴上げしてください!」と喜んだ。
 入団2年目の横山陸人投手(19)も「甲子園大会出場おめでとうございます。センバツでの悔しさを糧に一つでも多く勝てることを願っています。頑張ってください!」とエールを送った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ