本文へ移動

大河「青天を衝け」NHKの年内終了発表に「短過ぎるでしょ」「嫌な予感しながら見たらやっぱり…」

2021年7月21日 17時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「青天を衝け」主演の吉沢亮

「青天を衝け」主演の吉沢亮

 NHKは21日、放送中の大河ドラマ「青天を衝け」の最終回が12月26日になると発表した。全41回の放送となる。
 同作は、前作「麒麟(きりん)が来る」の新型コロナウイルスの影響による放送期間延長を受け、今年の2月14日にスタート。また、東京五輪、パラリンピックの影響で、7月25日、8月1日、同8日、同29日、9月5日の5回分の放送休止も決まっている。
 同作の第1話~20話(6月27日放送分)の平均視聴率は15.1%。「麒麟~」の15.2%とほぼ変わらず、「幕末ものは振るわない」と言われる中で善戦していた。
 この発表にネットでは「年内終了」がトレンド入り。ファンからは「2月14日に始まって、オリンピックで5回お休み。それで年内終了???短過ぎるでしょ」「トレンドの年内終了、嫌な予感しながら見たらやっぱり大河だった…」と悲しみの声が数多く寄せられた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ