本文へ移動

照ノ富士は「不動心を心掛け…」貴乃花、若乃花、そして白鵬、横綱昇進時の口上を振り返る

2021年7月21日 15時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第73代横綱に昇進し、記者会見する照ノ富士

第73代横綱に昇進し、記者会見する照ノ富士

 日本相撲協会は21日、秋場所(9月12日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、大関の照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=の第73代横綱昇進を満場一致で正式決定した。新横綱の誕生は2017年初場所後の稀勢の里以来4年ぶり、令和では初。外国出身では7人目、モンゴル出身は5人目。
 協会の使者が東京都江東区の伊勢ケ浜部屋を訪れ「本日理事会におきまして、大関照ノ富士を満場一致にて横綱に推挙しましたことをお伝えします。おめでとうございます」と伝えると、照ノ富士は「謹んでお受けいたします。不動心を心掛け、横綱の品格、力量の向上に努めます。本日は誠にありがとうございました」と口上を述べた。
  ◇  ◇  ◇
 ◆貴乃花以降の横綱昇進時の口上
▼貴乃花「今後も不撓(ふとう)不屈の精神で、力士として不惜身命を貫く所存でございます」
▼若乃花「横綱として堅忍不抜の精神で精進していきます」
▼武蔵丸「横綱の名を汚さぬよう心技体(ショウジンタイ)に精進いたします」
▼朝青龍「これからはなお一層、稽古に精進し、横綱として相撲道発展のために一生懸命頑張ります」
▼白鵬「横綱の地位を汚さぬよう、精神一到を貫き、相撲道に精進いたします」
▼日馬富士「横綱を自覚して、全身全霊で相撲道に精進します」
▼鶴竜「これからより一層稽古に精進し、横綱の名を汚さぬよう一生懸命努力します」
▼稀勢の里「横綱の名に恥じぬように精進いたします」

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ