本文へ移動

豊橋中央のプロ注目内野手…星野真生の三塁打から日進西に逆転サヨナラ勝ち 中日スカウト高評価【愛知高校野球】

2021年7月21日 15時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サヨナラ勝ちのきっかけとなる三塁打を9回に放った豊橋中央の星野真生内野手(左)

サヨナラ勝ちのきっかけとなる三塁打を9回に放った豊橋中央の星野真生内野手(左)

21日 第103回全国高校野球選手権愛知大会3回戦 豊橋中央4―3日進西(パロマ瑞穂)
 豊橋中央が逆転サヨナラ勝ちで4回戦に進出した。1点を追う9回1死走者なしから、プロ注目の1番・星野真生内野手(3年)が右中間を破る三塁打で出塁。ここから2点を奪い、土壇場でひっくり返した。
 「負けるつもりはなかった。特に心配することもなく、無駄なことを考えずに、ただ来た球を打つ感じだった」
 高校通算24本塁打を誇る強打の遊撃手は、この日は「1番・一塁」で出場。1回も左中間三塁打で先制のホームを踏み、6回も中前打を放つなど、3安打で貢献した。
 「次の試合に向けて勢いに乗っていく狙いもあった。サヨナラ勝ちでつながると思う」
 視察した中日・米村チーフスカウトは「あの局面で長打を打てるだけのハートを備えたいい選手。右打ちで広角に打てる点もいい」と評価した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ